09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

これがリフォーム????!

2008.03.31 (Mon)

いつも、ご訪問ありがとうございます。
まずは、左サイドの「ランキング投票」へ「ポチ」をお願いします。

今日は、町内の方からお電話があり「雨漏り」がするから見てほしいとの事!
伺って、話しを聞いてみると・・・・・

More・・・

2年前に以前から雨漏りがしていたので

訪問営業で訪れた「リフォーム業者」に見て頂いたそうです。

築20年の瓦葺き和風住宅です。「屋根」は、一度も点検されたことがないとのこと。

それで、「費用も安く」・「早く出来る」と言うことでお願いをしたそうです。

わたしが、訪問して「ビックリ」したのは、「リフォーム業者」の「施工方法」でした。

完全なる「手抜き工事」です。雨漏りは、寄棟部分の棟から「入水」で

「桟瓦」と「のし瓦」の接点からの原因で「漆喰」・「棟土」が落ちてしまい

雨水が入っているのです。通常の補修工事であれば接点の瓦の隙間を作り

古い「漆喰」・「棟土」を取り除き、新しい「棟土」を埋め込み「漆喰」を塗るのですが

瓦は、そのままで、古い「漆喰」や「棟土」も取ることもなく、新しい「漆喰」のみで

上塗りがしてあるだけなのです。それでは、月日が経てば必ず取れてしまい、また

「入水」の原因になるのです。

屋根全体を見ると棟下の「漆喰」が全て塗られ、とても綺麗に見えるので

「お客様」は、全て直して頂いたと「錯覚」をしてしまうのです。とても悲しいことです。

我々、専門業者から見れば、ただ綺麗に見えるように「飾り付け」をしただけのことなのです。

しかも、費用も決して「安く」なく、非常に「高い」工事価格なのです。

やはり、「専門業者」にお願いをするのが「ベスト」だと思います。

くれぐれも、気をつけて下さい。



本日もご訪問ありがとうございました。お帰りの際は、何時ものように「ランキング投票」・「拍手」に
「ポチ」をお忘れのないようにお願いします。
スポンサーサイト
04:41  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

興味深々で見てます

これから家を新築しようかな~なんて考えていろいろ見てるうちにたどり着きました。
実家の家も心配になってきました。
無名 |  2008.03.31(月) 18:48 | URL |  【編集】

無名さん!

ご訪問、ありがとうございます。
これから「業界の裏・表」の本題に
入って行きますので楽しみに
していて下さい。
また、ご質問などがありましたら
何なりとおっしゃって下さいね。
kawaratarou |  2008.03.31(月) 21:35 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kawaratarou.blog47.fc2.com/tb.php/8-1f883dbd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。