07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

屋根形!

2008.03.29 (Sat)

お疲れ様です。!いよいよ「ランキング順位」も53位になりました。
みなさまの「応援」のおかげだと厚く感謝をいたします。
これからが一番、大変な時なので今まで以上に応援をよろしくお願いします。
  ※まずは、左サイドの「ランキング投票」へ「ポチ」をよろしくお願いします。

屋根の形についてお話をしたいと思います。
屋根は、建物の「生命」であり、・・・・・

More・・・

建物の「顔」でもあり古くは、縄文・弥生時代に出現し

今日現在に至っています。

主な屋根形は、3つに分かれ「切妻屋根」・「寄棟屋根」・「入母屋屋根」で

最近では、「片流屋根」も多く見られるようになりました。

昔は、「瓦」の働き寸法で屋根寸法が決められていたのですが最近では、「北側斜線」や

「高さ制限」の問題もあり屋根の形状も複雑になって来ているのが現状です。

「複雑」かつ「無理」な形の屋根は、「雨漏り」の原因になるので避けるべきでは、ないでしょうか!

    ・切妻屋根・・・・・・・屋根の両端を垂直に切り落とした形。
    ・寄棟屋根・・・・・・・屋根の頂上部分の棟に向かって四面の屋根を寄せ集めた形。
    ・入母屋屋根・・・・・上部が切妻で下部が寄棟の形。
    ・片屋根屋根・・・・・一方方向に流れた形。

ここで気をつけたいのが「設計」です。!

設計段階で「勾配」・「荷重」・「屋根寸法」など屋根構造が重要なポイントになり「良い屋根形」で

「良い屋根材」で「良い施工」をしても何の意味もなさない事になります。

やはり「屋根の設計」には、「屋根の知識」が不可欠では、ないでしょうか!



    本日も「ご訪問」!ありがとうございました。お帰りの際は、下記の「拍手」と

    左サイドの「ランキング投票」へ「ポチ」をお忘れの無いようにお願いします。

    明日も、みなさまの「ご訪問」を心からお待ち申し上げます。      合掌!
スポンサーサイト
02:16  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kawaratarou.blog47.fc2.com/tb.php/6-c2864fe1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。