05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

「四苦八苦」の語源!

2008.06.09 (Mon)

「四苦八苦」!久しぶりに、聞いた言葉です。

今日は、とある工務店で、出入りの下請け業者さんが、使っていた言葉です。
わたしが、聞いていた中で、「四苦八苦」の使い方を間違えて使っておられました。
本来の「四苦八苦」とは、・・・・・・

ランキングバー

にほんブログ村 住まいブログへ

是非一票!モテ住まいランキング!

「人気ブログランキング!」&「住まいブログランキング!」&「モテ住まいランキング」に参加してい
ます。必ず、一日、三個の「ポチ」・「ポチ」・「ポチ」を、お願いします。

More・・・

人間の「宿命」の意味で、根本的な苦で「生」・「老」・「病」・「死」を「四苦」と呼ぶ。

・生苦(しょうく)=生まれる苦しみ。

・老苦(ろうく)=老いる苦しみ。

・病苦(びょうく)=病むことの苦しみ。

・死苦(しく)=死ぬことの苦しみ。

・第一の「苦」=「愛別離苦」(あいべつりく)。愛する人との別れの苦しみ。

・第二の「苦」=「怨憎会苦」(おんぞうえく)。会いたくない人、嫌いな人に会う苦しみ。

・第三の「苦」=「求不得苦」(ぐふとくく)。求めても満たされない苦しみ。

・第四の「苦」=「五薀盛苦」(ごうんじょうく)。心身が思い道理に、ならない苦しみ。

このように、「釈迦」の思想の根源は、現実を「苦」と捉え「四苦八苦」から逃れられないのです。

「苦の世界」から解脱して「涅槃」に至ることを説くのが「宗教」なのです。・・・・・・・(日本の仏教より)

スポンサーサイト
22:42  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kawaratarou.blog47.fc2.com/tb.php/55-8e820c47

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。