07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

森林の役割!

2009.12.04 (Fri)



師走に入り寒さも一段と厳しくなってきました。
相変わらず「インフルエンザ」の流行は増えてます。
小・中学校では、休校や学級閉鎖なので子供たちの
学力の低下が問題になってます。
家庭待機ということで宿題の漢字書き取りのノートが
文具店では品切れの状態です。
これも一つの社会問題です。

社会問題と言えば我々の建築業界でも「環境問題」が
騒がれています。

その一つが・・・・・


ランキングバー

にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へにほんブログ村 経営ブログへにほんブログ村 経営ブログ 営業へにほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ


「人気ブログランキング!」&「住まいブログランキング!」&「FC2ブログランキング」に参加してい
ます。必ず、「ポチ」・「ポチ」・「ポチ」の応援を、よろしくお願いします。


More・・・


「地球温暖化と森林の役割」です。

「地球温暖化防止」とは森林を管理して木を利用して森林を若返らせることです。

現在、世界中の森林は2秒ごとにサッカー場位の一面が減少していて中国でも

北京を中心に砂漠化が進み環境が悪化してきてます。

このまま行くと地球の将来はどうなってしまうのでしょうか。

地球温暖化と森林の関係は大きな役割を表します。

地球の平均温度は「15℃」で「-270℃」の宇宙に浮かんでます。

100年後の地球の温度は温室効果ガスの増加で「5.8℃」上昇します。

現在、我々に課せられた問題は地球温暖化防止に向けて温室効果ガスである

二酸化炭素などの排出量の削減です。

平成9年の「京都議定書」の中で森林による吸収量の上限は1300万炭素トン

つまり、3.9%とされまいた。

ここへ来て民主党の政権交代で鳩山首相は国連で平成2年度比25%の削減を

打ち出し各国から高い評価を得ました。

これでは3.9%どころではありません。

森林つまり木の働きは太陽の光・水・二酸化炭素・土の養分を吸収して成長します。

若い木の森林は成長量が多く高齢の木の森林より二酸化炭素を吸収して酸素を

多く排出します。

だから森林が持つ役割が大切なのです。

一部の団体が木の伐採に対し大きく反対活動をしています。

高齢な木は二酸化炭素の吸収も少なく酸素の排出もありません。

こんな木を伐採して新たな若い木を植樹するのは当たり前の事です。

今、政府は新たな環境税を取り入れることを検討中です。

わたしの意見を言えば環境税の取り組みは賛成ですが北米や北欧などのように

全て環境税を木の植樹に使うのであれば良いのですが単なる税収になるので

あれば反対です。

これでは郵政民営化の時と同じで簡保のお金を国債の穴埋めにしただけのことです。

こんな日本では環境問題は遅れる一方です。


次回は「木」の素晴らしさ!を話したいと思います。



スポンサーサイト
23:04  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

Comment

結局、政治家はそういうことを考えていなんですね
鉄筋よりも木造のほうがなんか温かみを感じますからね
でも2秒ごとにサッカー場1つとは・・・
凄い状況ですね
皆で打開していかないといけないですね


応援のポチりんこ
湘南のひろ |  2009.12.04(金) 23:54 | URL |  【編集】

次回は・・・!

ひろさん!

中々、更新できなくてすみません。
木の良さは我々、日本人にしか分かり得ないことです。
しかも「無垢材」の良さは最高です。
次回から本来の木の素晴らしさを書いていきますので
また、遊びに来て下さい。
tarou |  2009.12.05(土) 00:43 | URL |  【編集】

Re: 森林の役割!

やはり人間も自然の中の一部ですよね
その中の一部がバランスが悪くなっると自然の方から強制てきに排除されます。そうならないように皆で自然を壊さないようにしなければいけませんね
日伸建設小西 |  2009.12.06(日) 00:06 | URL |  【編集】

そうですね!

小西さん!

自然の中の一部である我々人間が自然界を壊しています。
今の中国の環境問題もかっては日本でもして来たことです。
先進国になる為には何処の国でも同じですね。
tarou |  2009.12.06(日) 11:55 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kawaratarou.blog47.fc2.com/tb.php/313-2e92e6df

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。