07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

太陽光発電システムのしくみ!

2009.05.16 (Sat)

本日は、「太陽光発電」の「性能」と「コスト」の関係についてのお話でしたが
その前に「システムのしくみ」を理解していただかなくてはいけないので
「太陽光システムのしくみ」についてお話をします。

「太陽光」は、世界中に・・・・・


ランキングバー

にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へにほんブログ村 経営ブログへにほんブログ村 経営ブログ 営業へにほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ


「人気ブログランキング!」&「住まいブログランキング!」&「FC2ブログランキング」に参加してい
ます。必ず、「ポチ」・「ポチ」・「ポチ」の応援を、よろしくお願いします。


More・・・



毎年「1平方メートル」当たり、原油「1バレル」分のエネルギーを作ります。

「1バレル」当たり「$145」とすると、一つの屋根(100㎡)で年間「$14,500」の

エネルギーを受け、25年間では、「100万$」の三分の一になります。

「太陽光発電システム」は、この「エネルギー」の「20%」を直接電気に

変換することが出来ます。

太陽から直接受ける「無料燃料」なのです。

「太陽電池」の特徴は、「排気ガス」を発生させず、「燃料代」が不要。

メンテナンスフリー。そして「長寿命」なのです。

注意点は、温度によって「発電量」が左右され夜間は発電することなく

出力が「直流」で蓄電機能はない。

また、停電時は「太陽光発電」の連係は止まります。


「太陽光発電」のしくみは、屋根の上の「太陽電池モジュール」で発生した「直流電力」は

電気を集める「接続箱」に集められ「パワーコンディショナー」を通じて「交流電力」に

効率よく「変換」されます。

毎日の「発電状況」を確認できる「モニター」で見ることが出来ます。

そして「分電盤」・「電力量計」へと続きます。

「太陽光発電システム」の発電量は、最大で70~80%なのです。


ここで問題なのが、「各メーカー」による「性能」と「コスト」の関係です。


これは、次回にお話します。


スポンサーサイト
00:20  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

Comment

こんにちは

今まさにブームと言っていいほど太陽光の名前を聞くようになりました。
これからどんどん増えてほしいので、もっと国から補助が出るといいですよね^^
夢空間 |  2009.05.16(土) 16:37 | URL |  【編集】

分かりやすくて勉強になります^^
どんぐり |  2009.05.17(日) 13:27 | URL |  【編集】

そこですね
性能とメーカーコストがどれくらいかかるのかって素人じゃあまり分からないですからね!!!


ご心配おかけしましたが
この度、とりあえず就職決まりました!!!
ご心配をおかけしましたm(_ _)m


応援のポチりんこ
湘南のひろ |  2009.05.18(月) 15:01 | URL |  【編集】

そうですね!

夢空間さん!

今は、国をはじめ各都道府県・
市町村でも補助金が出るところが
有ります。
そして工務店でも7万円の補助金を
出しているところがあります。
合計するとかなりの補助金になります。
tarou |  2009.05.18(月) 21:47 | URL |  【編集】

そうですか!

どんぐりさん!

太陽光システム各社のパンフレットは
非常に分かりにくい説明書きがしてあります。
それは、自社には不利なことは控えめに書き
得意な処は、明確に書いているのです。
知らない人が見れば良いところしか分かりません。
tarou |  2009.05.18(月) 21:51 | URL |  【編集】

おめでとう!

湘南のひろさん!

まずは、就職が決まりおめでとうございます。
現時点を見つめ初心を大切に思い努力して下さい。
いつでも相談に乗りますのでお気軽にご相談して下さい。
tarou |  2009.05.18(月) 21:55 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kawaratarou.blog47.fc2.com/tb.php/250-6e80b895

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。