09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

老人への偏見!

2008.11.08 (Sat)

いよいよ「立冬」を迎え、本格的な「冬」の訪れです。
今年は、まだまだ「暖かい日」が続き、山の「木々達」も、
今か今かと「衣替え」を待ち望んでいることと思います。

昨日の「千年語録」からの「一語」が大変、好評でしたので
今夜も「一語」!みなさんに、ご紹介します。

その「一語」とは、・・・・・・・


ランキングバー

にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へにほんブログ村 経営ブログへにほんブログ村 経営ブログ 営業へにほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ


「人気ブログランキング!」&「住まいブログランキング!」&「FC2ブログランキング」に参加してい
ます。必ず、「ポチ」・「ポチ」・「ポチ」の応援を、よろしくお願いします。


More・・・


16歳で「芸者」になり、名士の「宴会席」を務め、渡米し

「日本文化」をアメリカに広めた、「中村 喜春」さんの「語句」です。



日本では、「老人」という別の生き物がいるみたいじゃない。

アメリカでは、いくら年をとっても、ひとりの人間として「尊重」してますよ。

だいたい、「ボランティア」の心がまだまだですものね。

向こうじゃ「養老院」も「病院」も「ボランティア」なしでは運営できない程、

国民の「義務」のように根付いている。

恵まれない人を、出来る範囲で助けるのは当たり前なの。

アメリカでは、あたしが「ボランティア・スタッフ」の側よ。

もう20年になるわねえ、「養老院」や「障害者」の施設を回って

「日本舞踊」や「折り紙」を教えたりしているの。

でも、あたしが日本に居たら「年寄り」扱いされて、

さぞ老けこんだでしょうね。

健康な人間が「ボランティア」もしないでいたら

「木戸」を突かれてしまいますよ。

昔は、「日本人」そのものが「粋」で、志があった。

ところが今はどう?

経済的には、豊かになったんだろうけど、

逆に「心」に余裕がなくなったというか、「がさつ」になっちゃって。

「色消し」、「ばらがき」、そんな若い女性が目立ちますねえ。

「色消し」は、女らしい「色気」がないこと。

綺麗なお嬢さんが「大あくび」をしたり、「まあ、せっかくの美人が色消しね」と。

それが「ばらがき」、つまり、「あばずれ」と呼ばれるんです。

アメリカで85歳の男性と75歳の女性が結婚したの。

「実の子」や「孫たち」が盛大に祝福して。

その話を聞いた日本の若い女性たちは、何て言ったと思う?

「年甲斐もない、良い年をしてみっともない。自分の親なら許せない」。

この人たち、自分が年でもとらないとでも思っているのかしら。

だいたい、「英語」には「年甲斐」だとか、「良い年をして」何て言葉はありませんよ。




如何でしたか?とても素晴らしい考えではないでしょうか。

これも、「日本」と「アメリカ」の「生活習慣」の違いから起きている減少なのでしょうか。

そんな「一言」で済まされる「問題」ではないと思います。

「生きること」!人間は、一人では生きられないのです。

互いに「助け合い」、「支え合う」ことで初めて生きて行けるのではないでしょうか。

これが「日本」と「アメリカ」の違いなのです。

みなさんも、明日からは互いに「支え合って」生きようではありませんか。

こうして、みなさんが「ブログ」を書いて、「ブロ友」を作り「ブログ」の輪を

広げようとしています。

これも、とても「大切」なことだと思います。

明日からは、毎日「ブログ」を書けるよう頑張って行きましょう。



スポンサーサイト
01:24  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(34)

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2008.11.08(土) 08:26 |  |  【編集】

一人では生きられないのです。

この言葉 その通りだと思います。

沢山の人(仲間等)に支えられ 今 ここに自分が いると思います。

はなみずき |  2008.11.08(土) 08:29 | URL |  【編集】

助け合い・・・人と接して

本当にそうかもしれません。
年寄りって言葉…。一言でまとめてますよね。
年寄り扱いするから…自律出来なくて「早く死にたい」っと言う言葉となって
言うのですね。
助け合いは必要ですが、一人の人として接して行かないといけませんね。
生き生きとした人生を送れるように今から心がけていかないといけませんね!!
きらく |  2008.11.08(土) 08:45 | URL |  【編集】

Re: 老人への偏見!

一人では生きてないし生きれません。

むしろ回りに生かされてるんですよね!

多くの支えに感謝です^^
どんぐり |  2008.11.08(土) 09:00 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2008.11.08(土) 10:59 |  |  【編集】

Re: 老人への偏見!

はなみずきさん!

いつも、ありがとうございます。
わたしも、そうだと思います。
自分中心の考えがいけないでしょうね。
tarou |  2008.11.08(土) 11:01 | URL |  【編集】

Re: 老人への偏見!

きらくさん!

おはようございます。
本来、「年寄り」という意味は、「相撲」でもそうなんですが
引退して、経営や弟子の養成に当たる人のことです。
昔で言えば、「老中」・「家老」です。
現在では、引退して家の家督を子供に任せてしまい。
引退してしまうので、やることがありません。
これでは、「ボケ」てしまいますね。
やはり、「老人」という言葉がいけないのでしょうね。
tarou |  2008.11.08(土) 11:11 | URL |  【編集】

Re: 老人への偏見!

どんぐりさん!

おはようございます。
昨日は、「ダイツネ」さんと会われまして如何でしたか?
話が盛り上がったんじゃないのかな!
これからも、良いお付き合いが出来ると良いですね。
これも、多くの「支え」に繋がります。
tarou |  2008.11.08(土) 11:15 | URL |  【編集】

Re: 老人への偏見!

粋な女性ですね~。
そんな『お婆ちゃん』になりたいものです。
日本は弱者に対する偏見ばかりが強くて
思いやりは薄れていますね。
残念です。
高橋 |  2008.11.08(土) 12:06 | URL |  【編集】

Re: 老人への偏見!

リンクしてくださってありがとうございます。
まだ、始めたばかりの夢子のブログですが、
まさしく、tarouさんに支えられてブログの輪が広がって…
って感じです。
ありがとうございます。そして、これからもよろしくお願いします。
夢子 |  2008.11.08(土) 14:08 | URL |  【編集】

Re: 老人への偏見!

高橋さん!

こんばんわ。
本当に粋な「女性」ですね。
日本人の悪いところは、自分個人的な
「偏見」だから始末が悪いです。
全体を見つめる「大らかさ」が必要ですね。
tarou |  2008.11.08(土) 18:08 | URL |  【編集】

Re: 老人への偏見!

夢子さん!

いらっしゃいませ!
誰でも最初は、初心者です。
ゆっくりでいいから、一緒に歩んで行きましょう。

みなさん!新しいお友達が見えましたよ!
「夢子さん」を宜しくお願いしますね。
訪問して「応援」してあげて下さい。
tarou |  2008.11.08(土) 18:14 | URL |  【編集】

Re: 老人への偏見!

支えあって。。
まさに「人」の文字ですね^^
上園 |  2008.11.08(土) 20:00 | URL |  【編集】

Re: 老人への偏見!

上園さん!

こんばんわ。
人は、全て一人では生きて行くことが出来ません。
生まれて来る時も、人の手を借り、
そして、去りゆく時も、やはり人の手を借ります。
人を頼らずして生きて行けないのです。
tarou |  2008.11.08(土) 22:26 | URL |  【編集】

Re: 老人への偏見!

ある人から人生80年て長いように思うけど、たった30000日しかないねんで、と言われた時、「はっ」と思いました。
私も半分を過ぎましたが、若い者には負けず、年配の方には敬意をもって接することにします。
yo4ota21 |  2008.11.08(土) 22:32 | URL |  【編集】

Re: 老人への偏見!

オオタさん!

いつも、ありがとうございます。
そう言われて見ると、また考え方が違って来ますね。

一番いけないことは、「老人」!この語を使ってる事が悪いですね。
tarou |  2008.11.08(土) 22:46 | URL |  【編集】

Re: 老人への偏見!

老後を考える年になってきたこの頃
こんな素敵なおばあちゃまになれたら
悔いのない最後を送れるでしょうね。
はりめ |  2008.11.09(日) 00:09 | URL |  【編集】

Re: 老人への偏見!

はりめさん!

お疲れ様です。
早速の訪問、ありがとうございます。

何を言ってるんですか!まだまだですよ。

でも!素敵な「おばあちゃま」ですね。
個人的に「粋」な女性は大好きです。

「はりめ」さんは・・・・・・?。

tarou |  2008.11.09(日) 00:42 | URL |  【編集】

Re: 老人への偏見!

はじめまして。

全くもって同感!です。
日本と米国、、、違いますが、
日本が米国の悪い部分をまねているような昨今を感じます。
kaoru |  2008.11.09(日) 14:06 | URL |  【編集】

Re: 老人への偏見!

こんばんは。
良きにしても悪しきにしても受身社会の結果なのかな
老人に限らず、介護の必要な方々への対応対処も
政府の介護保険導入後良くはなってきているとは思いますが
まだまだ不十分な状態と思います。
うちの兄が寝たきりになって10年くらいかな?
最初の頃、わたくしもよく色々な所へ同行していたのですが、
その対応・対処は????って思うことだらけでした。でも、
兄はそんな対応に屈することなく、昔と変わらず今は人工呼吸器を付けながら自ら研修会・講演会・プライベートすべて楽しんで出かけてゆきます。結局のところ大切なのは、どのような自分でいて、どのように人と接し、どう成長してゆきたいのかここにつきると思うんですが^^
だれもがお互いを素直に認め合い尊重して思いあえる社会が
すぐそこにあるのかもしれませんね^^
aki |  2008.11.09(日) 20:40 | URL |  【編集】

だいぶん

寒くなってきましたね。
風邪などひかれてませんか?
長崎も寒くなってきたので火鉢を
じいちゃんから貰ってきましたよ。
きらく |  2008.11.09(日) 21:13 | URL |  【編集】

素敵な老人に!

あと、何年後でしょう?老人と呼ばれるのは。
近い将来です^^
そうですね。元気であれば‥
なにか私のできる小さなことでも良いから社会に貢献したいですね。
今は、母の介護で精一杯です。
たんぽぽの母 |  2008.11.09(日) 23:57 | URL |  【編集】

Re: 老人への偏見!

始めまして。
私のBlogにコメントありがとうございます。
お返事遅くなりまして申し訳ありません。
管理者ページの訪問者リストから飛んできました。
色々と面白そうだったので来てみました。
また遊びに来ます
湘南のひろ |  2008.11.10(月) 07:58 | URL |  【編集】

Re: 老人への偏見!

昔の日本人は人生の大先輩である人達を
敬い尊ぶ文化は昔からあるんですけどね~
昔みたいご老人との生活や環境が身近に
あるべきなんですよ。
老いるという事は本来、素敵でカッコイイ!!ってことを
もっともっと継承していくべきなんしょうね。


みけねこたぬき |  2008.11.10(月) 13:03 | URL |  【編集】

Re: 老人への偏見!

支えあい助け合う心。
損得ばかり目がいく世の中。

tarouさんのブログでは心の通い合う場になってますね^^
どんぐりさんはtarouさんの言うとおりの人でした^^
ダイツネ |  2008.11.10(月) 23:23 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2008.11.11(火) 09:34 |  |  【編集】

Re: 老人への偏見!

kaoruさん!

「まね」では、ないと思いますが、
これも、日本人の「体質」だと思います。
一刻も早く変わらないといけませんね。


tarou |  2008.11.11(火) 17:48 | URL |  【編集】

Re: 老人への偏見!

akiさん!

あなたの言われる通りだと思います。
「素直に認め合い、理解し合う心」が一番大切だと思います。
何時になったら日本では、行うことが出来るのでしょうか?
tarou |  2008.11.11(火) 18:03 | URL |  【編集】

Re: 老人への偏見!

きらくさん!

良いですね!「火鉢」のある家は、暖かみが有って。
「幸せ」を感じます。
家庭の団らんは、囲炉裏を囲むことから始まります。

tarou |  2008.11.11(火) 18:10 | URL |  【編集】

Re: 老人への偏見!

たんぽぽの母さん!

お母様の介護、お察し申し上げます。
我が家でも、両親の介護をしていましたので
その大変さは、良く分かります。頑張って下さいね。

そうですね。まずは、どんな小さな事でもいいから
始まるという「気持ち」が大切ですね。
tarou |  2008.11.11(火) 18:16 | URL |  【編集】

Re: 老人への偏見!

湘南のひろさん!

いらっしゃいませ!
こんな「ブログ」ですが、よろしくお願いします。
気楽に「コメント」を書いて下さいね。
tarou |  2008.11.11(火) 18:19 | URL |  【編集】

Re: 老人への偏見!

みけねこたぬきさん!

「各家族化」が大きな問題だと思います。
それとお年寄りとの交流をする機会が少ないことですね。
会う機会が少なければ、気持ちを汲み取ることも出来ません。
また、交流の機会が増えれば服装でも変わって来ると思います。
tarou |  2008.11.11(火) 18:31 | URL |  【編集】

Re: 老人への偏見!

ダイツネさん!

いつもありがとうございます。
「どんぐり」さんとは、息統合されたみたいですね。
まずは、おめでとうございます。
これからも、「人の繋がり」を大切に考えて
行きたいと思いますのでよろしくお願いします。
tarou |  2008.11.11(火) 18:38 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2008.11.11(火) 18:50 |  |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kawaratarou.blog47.fc2.com/tb.php/174-ec987396

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。