07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

これが「日本建築」!

2008.09.07 (Sun)

従来の「日本建築」の「様相」も、さまざまな展開が見受けられます。
最近では、「洋風住宅」が多くなり「和風住宅」が減ってきております。
その中でも、「和洋風住宅」の出現です。

「和洋風住宅」とは、・・・・・・・

ランキングバー

にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へにほんブログ村 経営ブログへにほんブログ村 経営ブログ 営業へにほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

是非一票!モテ住まいランキング!

「人気ブログランキング!」&「住まいブログランキング!」&「モテ住まいランキング」に参加してい
ます。必ず、一日、8個の「ポチ」・「ポチ」・「ポチ」を、お願いします。

More・・・

元来、「和風住宅」を希望される方が、「間取り」と「外観」を「今風」に考え希望される住宅です。

従来の「日本建築」とは違います。それでは「日本建築」とは、どんな「建築」でしょうか。


独特の「四季の変化」がもたらす自然の恵みこそが「日本の文化」と「日本人の心」を育てたのです。

夏は、「高温多湿」で冬は、「寒さが厳しく」しかも春・秋は、「温暖」で四季の移り変わりが有ります。

それは「日本建築」に当てはまることで、「材料の素材」・「間取り」・「建て方」に自然の恵み、美しさ

を生かし、自然と「融合」して共生し、しかも四季を五感で感じ、楽しませてくれるものです。

風景の位置により、建物の「設計」がされ「自然」と「景観」と「家」の関係の大切さが、再重視され

ています。

「日本建築」は、「木」の文化です。自然素材で造る建物は、「年数」が経つほどに隠れている

自然素材の「風合い(あじ)」が、「にじみ出て」何ともいえない美しさを醸し出してくれます。

「木」は生きています。

「自然素材」で造られた「家」には、「表情」・「感触」・「清涼」・「温もり」・「優しさ」・「繊細さ」が

感じられます。

          日本建築では、本物の「素材」を使うことが「基本」です。


これから、「マイホーム」をお考えの方は、予算のことも有りますが「一生の家」です。
今一度、良く考えて、どんな家造りをするか、お決め下さい。




スポンサーサイト
17:45  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(7)

Comment

紀州六代大彦さんのブログ拝見しました。有難うございました 自分としては貴方様の考えをお聞きしたかったので 残念な気持ちがあります。

プー |  2008.09.07(日) 21:12 | URL |  【編集】

自分は家つくりに、6:4の割合で、外見重視で行きました。少し後悔感はあります。
tosou |  2008.09.07(日) 23:35 | URL |  【編集】

第二!

tosouさん!

ご訪問、ありがとうございます。
あなたには、第二の「マイホーム」があります。
それまでに、良く考えて建てて下さい。


tarou |  2008.09.07(日) 23:48 | URL |  【編集】

ご挨拶

こんにちわ
一生の家ですが、
大抵、施主の生涯は、折返し地点を
すぎています。

でも自分が死んでから、
その家に住む人がいて、
それが親族かどうかは、分かりませんが
「いい家を建てといてくれはったなぁ」
と思ってもらえるように
家を建てたいものです。
当然経済的制約はありますが、
「木を使った生きている家」
がいいです。
dsbuild |  2008.09.08(月) 06:25 | URL |  【編集】

tarouさま

いつも 訪問して頂いて感謝しております。
「日本建築」は 日本人の心の原点です。
気候風土に合った 独特の工法で建てる。
漆喰、土、天然木、竹、ワラ、など
自然の素材で造る家は 住む人に安らぎを
与え、日本人の本来の"和の心"が宿ります。

今の"和風建築"の意味合いとは少し違いますね。洋風化が進んで来ているので、外観和風
中は畳の間 と 洋間が混在している
いわゆる "和洋折衷型"と言われるスタイル
が多いですね。価格の問題も大きく変わって来ますよね。純粋の日本建築は、使う素材などによって変わりますが、今風の建売価格の倍近くはかかるでしょう。
だから 今は和洋折衷の方が 住み分け
使い分け が出来て便利なのでしょうね。

自然素材の「風合い(あじ)」が、「にじみ出て」については その良さが 今の人達には良く理解出来ていないのでは無いかと
思う所がありますね。

自然素材は体に良い・・・
なんとなく 判っているのでは・・・

「風合い」「にじみ」とは どう言う
イメージを持っているのか 知りたい所ですが・・・
オオカントク |  2008.09.08(月) 08:27 | URL |  【編集】

白壁の家さん!

コメントありがとうございます。
あなたさまの地域は、日本建築が
多いのではないでしょうか?
またのご訪問、お待ちしてます。
tarou |  2008.09.08(月) 09:51 | URL |  【編集】

オオカントク!

いつも、貴重なコメントありがとうございます。
わたしの「イメージ」とは、木は素材によって、醸し出す良さの違いや木を中心に命ある素材である茅・檜皮・和紙・木綿・麻・絹・藺草・藁・萩・蒲・籐・竹・漆・柿渋などや生命を創り出す素材、土・漆喰・石などの組み合わせで造られる姿です。中々、言葉で表すのは難しいですね。

大先輩である、オオカントクのこれからもお待ちしてます。よろしくお願いします。
tarou |  2008.09.08(月) 10:16 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kawaratarou.blog47.fc2.com/tb.php/122-dd0d5f92

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。