09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

三匹の子豚の家!

2008.04.02 (Wed)

みなさん!お疲れ様です。いつも、ご訪問をして頂き、ありがとうございます。
「ランキング投票」からお入り下さい。

「三匹の子豚」が間違っていたこと!・・・・・

More・・・

みなさんは、「三匹の子豚」のお話を聞いたことがありますか?

一番上のお兄さんは、「わら」の家を建て、二番目のお兄さんは、

「木」の家を建て、一番下の真面目な弟は、「レンガ」の家を建てました。

さて、みなさんに「丈夫な家はどれでしょう?」と聞くとほとんどの方が

「レンガの家」と答えるでしょう。

それでは、質問を変えて「地震に強い家はどれでしょう?」・・・・?

「わらの家です。」・・・・・なぜ?

地震が起きた時、建物にかかる「力」は、建物の重さに「比例」します。

これが「慣性の法則」です。地震で家が壊れた時、「わら」の家なら

「圧死」することは、有りませんが「レンガ」の下敷きなれば死んでしまいます。

次に「台風に強い家はどれでしょう?」・・・・・・・・「レンガの家」が正解です。

風の力は、風を受ける部分の面積に比例します。

「わら」の家も「レンガ」の家も見付け面積が同じなら風による「力」は、同じなので

軽い「わら」の家より重い「レンガ」の家の方が風に強いことになります。


このお話は、「イギリスの童話」でイギリスでは、地震がほとんど起きません。

むしろ風が強いので、この童話では、「レンガ」の家が強いことになります。

丈夫な家を語るには、「前提」があるので「地震」が多い日本では、「前提」と考えると

この「童話」は、正しくないことになります。

わが国、日本でも地域により「気候風土」が違うので良く考えて「建物構造」を

考えるべきでは、ないでしょうか?・・・・・・・・・・「屋根材」選びも同様なことです。


明日は、いよいよ「屋根材」の種類と用途について書いていきます。


ここまで来ると「ランキング」を維持していくのが、とても大変ですので
これからも、みなさんの応援を頂きたいと思います。
今後とも、よろしくお願いします。
お帰りの際は、「ランキング投票」・「拍手」への「ポチ」をお忘れのないようにお願いします。

スポンサーサイト
22:21  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kawaratarou.blog47.fc2.com/tb.php/11-40bb9d3f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。